あらはばき アラハバキ 荒脛巾 とは・・・・ 大元の神とは・・・記紀から見るあらはばきの原点
 
 

 

   「あらはばき」とは  荒脛巾神社やアラハバキの原点とは

     宮城県多賀城市にある荒脛巾神社を見たのが興味を持った原点になります。この記事をブログに書いたのは、2008年になりますが、
    その後岩出山の荒脛巾神社を訪れ、アラハバキを調べるには、もっと古代史を学ばねばと思った時に、
    「記紀解体:アラハバキ神と古代史の現像」近江雅和著(彩流社)に出会いました。
    日本書紀・古事記などの視点から、私の解釈も変わりました。

    それについては[あらはばき神と謎の古代史」に引用しながら記載しています。
    また、出雲神族の話の中にも「あらはばき」が出てきます。
    それは「古代出雲帝國の秘密」の記事にUPしております。
     MENUから選択してジャンプして下さい。 

    この神社の説明をどのようにしたらいいのか悩んだのです、時代背景から説明しないと難しいのかも・・・と
    律令国家となり、大和朝廷がこの地(東北)を平定(侵略)してくる以前の話です。
    「まつろわぬ民」であった、蝦夷(えみし、えびす、えぞ)が大和朝廷(体制側)により追いやられながらも
    守り続けたと伝承とする説もあります。

        ※「まつろわぬ民」=大和朝廷のいいなりにならない民

     アラハバキを祀る神社は東北地方に多く見られますが、全国的にも見られるようです。
     しかし「アラハバキ」としてでは無く、門客神(もんきゃくじん)として祀られている場合が多いようです。
     門客神とは、「客人神(まろうどがみ)」のことで、「客人神」は地主神がその土地を奪われて、後からやって来た日本神話に
     登場する神々と立場が逆転し、客神となったと考えられています。
     つまり、ご主人様が隅に追いやられ、乗っ取られてしまったわけです。

     アラハバキは旅をして回る神という性格があります。
     もっとも直接的には、出雲国島根郡爾佐神社境外社「荒神社」はマロトさんと呼ばれていた!という証言があるようです。

     マロトとは、まろうど=客人のことです。
     アイヌ語では(知里高央のアイヌ語絵入り辞典)では、marapto =「お客」としています。

    それでは、「あらはばき」をアイヌ語に照らし合わせると、arpa-pake があり、これは、行く(発つ・出発する)・首領(頭)、
    などの意味になるそうです。しかし一説です。

    
    アイヌ語については、岩手県に多く見られますが、日本全国にあると言えます。
    私が読んだ本の中には、アイヌ語で古事記が読めるという本もありました。どうも文章としては矛盾するような?。

    律令政府によって、東北に送られた農民はその地で耕作に励みましたが、しかしその地は、もともと蝦夷の土地だったのです。
    「延喜式」によると逆に蝦夷は律令政府により強制的に各地に移住させられたようです。
    
    どこに移住したのか・・・それは、遠く九州までおよびます。
    新潟・茨城・千葉・栃木・富山・石川(能登半島を除く)・岐阜・福井・滋賀・三重・兵庫(除く淡路島)・香川・高知・愛媛・
    岡山・鳥取・島根(北部)・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎 のようです。

    あらはばきの表記は、かなり多いようです。
    荒覇吐、荒吐、荒羽、阿良波々岐、荒脛巾、、荒掃除、新波々木、阿羅波婆枳、荒羽々気、麁脛バキ、阿羅波比

    点在してる分布は、「客人」という表記を含めると
    陸奥、出羽、常陸、武蔵(多数)、房総(2)、相模(2)、甲斐(2)、越後(2)、参河(1)、伊豆(1)、伊勢(3)、丹波(1)、
    摂津(1)、伯耆(1)、出雲(多数)、隠岐(9)、安芸(6)、備後(1)、周防(6)、長門(1)、伊予(多数)、土佐(2)、
    肥前(1)、壱岐(1)のようです。

    ※古代先住民の祖神、守護神として祀ったもので、ある文献によると、東北、関東の地に600余社を
    数えたといいます。
    アラハバキ族と云う表現や文献がありますが、アラハバキを信仰している民族を表したものではと考えます。
    つまり、第三者が名付け、時が経ち自分達はあらはばき族だ!と子孫が語ったのかも知れません。
    蝦夷もそうで、自分達が名乗ったのではありません。
    朝廷側が勝ってに呼んでいたものです。

    


    まだ、編集途中です。随時ページを増やして行きたいと思います。
   
MENU 「狛犬と神社・仏閣」にもリンクしていますが、ここではアラハバキに関する神社をpickupしています。
 荒脛巾神社/多賀城  荒脛神社/岩出山 荒羽祇神社/仙北郡美郷町
 客殿神社/横手市  金峰神社/横手市  あらはばき神社/会津若松
     アラハバキ神社/会津、湊町赤井
     
 隠されたアラハバキ神の謎/氷川神社編    
     あらはばき神と謎の古代史



                                              荒脛巾神社/多賀城へ 
Copyrigt (c) 2009,ひーさんの散歩道 all rights reserved
inserted by FC2 system